SWAP
BASE

THE BLACK SNOWBOARD OF DEATHブラックスノーボード オブ デス

¥89,000(税抜き)
ALPINE V1 PROFILE MEN’S / PROGRESSIVE / DIRECTIONAL / 0.5” SET BACK

カーボンケブラー素材はとても軽く、ボードの耐久性や反発を強化。さらに足元のカーボンの配置により操作性能がアップして全くブレない。真ん中から後ろ寄りにキャンバーがあるため、オーリーもしやすく、ロッカーしているノーズは浮力がある。山全体を攻めれるマウンテンフリーライディングボード。ソールはCAPiTAの中で最高滑走性能を誇るハイパードライブベースを採用。これはどんな雪質でもとにかく早い。

LengthEffective
Edge
WaistNose/TailTaperSidecutMax Stance
(CM/Inches)
156120.225.330.0 / 29.90.038.40 / 8.20 / 7.8062.4 / 24.6
159 122.5 25.6 30.3 / 30.2 0.03 8.50 / 8.20 / 7.90 63.5 / 25.0
162 124.8 25.9 30.7 / 30.6 0.03 8.60 / 8.40 / 8.10 64.5 / 25.4
165 127.1 26.2 31.1 / 31.0 0.03 8.70 / 8.50 / 8.30 65.6 / 25.8

RIDER TYPE:

THE ADVANCED ALL MOUNTAIN TECHNICIAN

FLEX:

CAMBER TYPE:

ALPINE V1 PROFILE

板の中央部にキャンバー、そしてフラット形状のテールとリバースキャンバーのノーズがマウンテンプロファイルの主な特徴。ハードな圧雪面で反発力と安定性を生み、同時にノーズ部分が強烈な浮力とランディングでのパワーをもたらします。これでディープなパウダーも怖いものなし。

ADDITIVES

NEW! 2 x EMBEDDED FORGED CARBON RODS + NEW! 4 x 30 mm AMPLITEX™ AMPLIFIERS + CARBON FLEECE POWER SHIELD™

TECH:

NEW!FSC®認証済FCホバーコア™

超軽量で耐久性抜群、振動吸収性も高い躍動感のあるコア。 フォージドカーボンロッドによりさらに強くなりました。

CARBON KEVLAR BATTERING RAM™ + CARBON FLEECE POWER SHIELD™

幅40mmの縦に長いカーボンケブラー繊維をカーボンフリースパワーパッドにラミネートすることで、トーションに程よいフレックスを残しながらも、オーリーパワーや変化に富んだテレーンでの安定性を与える新素材。激しい戦いの中でも、ラクに指令が出せる。そんなイメージだ。

NEW! アンプリテックス™V-テックアンプリファイアー

フラックス素材の衝撃吸収力とカーボンのレスポンスを併せ持ったテープ状の科学素材。

NEW! ホーリーシート™トライ/トライ ファイバーグラス+マジックビーン™レジン

従来のファイバーグラスに比べて、重量に対する繊維の数が多いホーリーシート™トライ/トライ ファイバーグラス。植物由来のマジックビーン™レジンがミックスされパワフルでダイナミックなライディングが可能になりました。

ハイパードライブ™NC12ベース

マザーシップだけの、特別な調合レシピ。疲れを惜しまない我々のエンジニア達は、世界でも最高峰のポリエチレンサプライヤーと共同でこのハイパードライブ™NC12を開発しました。超高分子ポリエチレンによる最低限の摩擦係数を誇るカスタム・カーボン構造のシンタードベース。これは“速い!”なんて一言じゃ言い表せない速さです。CAPiTAのお得意様はなんせスピードを出すのが大好き。スノーボードの歴史おいて、我々は世界で一番最速のベース素材を生み出しました。

ムーンショット プロチューン™

ムーンショットプロチューン™はアフターマーケットの45°ハイパフォーマンス・レースベース・ストラクチャー。ベースから水分を効率的に排除し、リフトラインからフィニッシュラインまで、笑っちゃうぐらいマジで超速い。

ボードストーリー

人類の進化の過程には驚かされる。またクレイジーなのは、私たちは何も理解していないということだ。むしろ、何を理解すれば良いのかもわからない。

しかしながら、私にはハッキリと判ることがある。それはこの先トンでもない事が起こるという事実だ。何億光年もの彼方から、我々とは全く違う生命体がやってくるかもしれない。そうなれば、私は違う次元に今と同じような居場所を探すだろう。もしこの宇宙が無限だとしたら、物事は繰り返される。どこか・・・、遠くの彼方で・・・、地球と全く同じような惑星がある。コピー機に通したように、全てが同じな星だ。そしてそのコピーは無限に繰り返される。地球が無限にあるならば、私の大好物は無限にあるはずだ。ただ、時空を超えるトンネルさえあればいい。

私は手を高く挙げ、こう自分に言い聞かせる。

“恐怖”とは感じるもの。“勇気”とは己の意思から湧き出る。さあ、出発しよう。